2007年03月07日

アルトビール

Alt Bier

あっという間に3月ですね。
偕楽園の梅の花も見事に咲き誇り、私達を楽しませてくれました。この時期になると、さすがに休日の車の渋滞が凄まじいです。あと2週間で梅まつりもおしまいですが、是非、平日にお出かけになられた方がゆっくり優雅な時間が過ごせると思いますよ・・と言っても、もう梅のほうは散ってしまっているかもしれませんけれど・・。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

エルベでは毎年恒例の「3月黒ビールフェア」を企画しております。
「いろいろな味をお客様に堪能していだこう」・・と、
今年もドイツの黒系ビールを9種類集めました。

今回のスポットは・・黒ビールではないですが、デュッセルドルフ特有の「アルト・ビール」に注目したいと思います。

デュッセルドルフに行かれた方はご存知かと思いますが、
黒でもなく、ピルスナ−のような黄金色でもない、
銅褐色の上面発酵ビールを目にされたかと思います。
文字通り、「Alt=古い」という意味を持ち、
淡色の下面発酵スタイル以前のビールだそうです。
一般的にはイギリスのエールビールと比較されるようです。
「アルト」は、イギリスのそれと比べると、滑らかで、澄み、
ほのかな果実風味を引き出し、エールほどの酸味はない・・・
のだそうですよ。
お料理をあまり選ばない、邪魔をしないと言う事もアルトの魅力の
一つでしょうか?

IMG_2789.JPG

↑ホップが効いていて、軽いボディの「フランケンハイム」
ストンとした円筒のグラスがアルトビールならでは。

IMG_2771.JPG

↑ジャンボコースターとコースター(右が通常のコースターです)

ヴァイスビールに比べるとアルコール分も、
4.5〜4.8%と比較的ライトです。

IMG_2783.JPG

↑口当りがよく、丸みがありバランスの良い「ハンネン」。デュッセルドルフではよく出回っているそうですね〜。私は一度も訪れた事がないのですが、皆さんどうですか?

IMG_2790.JPG

↑コンテナーに入っています。真っ青。

最近はヴァイスビールを好んで飲まれるお客様が多いのですが、
その中ではアルトビールの存在が薄くなってしまっています(笑)
どこかで出会ったらこの「アルト」を是非!お試しくださいね。
posted by エルベ at 17:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35431493

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。