2011年06月01日

アインベッカー

Einbecker

IMG_5419.JPG

皆様、ご無沙汰しております。
天候が不安定ですが、いかがお過ごしでしょうか?

今日から6月です。
震災から早2ヶ月以上過ぎまして、
3ヶ月が経とうとしています。
まだまだ深刻な問題が山積みですが、
いち早く解決がなされます様に祈るばかりです。


エルベは震災の影響によりレーヴェンブロイ入荷未定の状態で、
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしておりますが、
6月は【アインベッカー・マイ・ウル・ボック】樽生を皆様にご提供致します。

アインベッカー社とは・・?
14世紀から15世紀にかけて
アルコール度数の高く力強いボックビールを確立した
北ドイツ・ザクセン州の古都ハノーヴァー近郊の
アインベックの街に位置する
600年以上の歴史を持つ醸造所。

――――北ドイツと言えば、
ドライなビールを生産する地域として知られています。
だいぶ前にエルベでも登場した事があるドライな「イェバー」は
このニーダーザクセン州のビールでした―――

さて、今回入荷する「マイ・ウル・ボック」ですが・・・

『アインベックなかりせば、ボックビールもあるまじ』

というキャッチフレーズが有名なほど、
元祖ボックビールの味を堪能できるビールなのです。
3月〜5月にかけてのみ楽しめるマイ・ボックは、
ブロンズ色で、ソフトなモルトのキャラクターとホップのドライ感が
心地よく感じられ、かすかなスパイシー感と
ほのかなフルーティーさがあり、
炭酸も効いていて爽やかな飲み口のビールです。
アルコール度はやや高めで、6.5%

IMG_5467.JPG 

アインベッカーは日比谷公園で開催されていた
「オクトーバーフェスト」
にも、出品されていたビールです。
今年は日独交流150周年記念イヤーですので、
盛大に行われたようです。
行かれた方いらっしゃるでしょうか?

9月下旬には本場ミュンヘンでのオクトーバーフェスト・・。
誰か連れてって!!と、叫んでみるものの言葉むなしく、
今年も行けそうに無いので、思いを馳せながら日々の業務に励みます。


「アインベッカー・マイ・ウル・ボック」樽生
茨城県内では、エルベの土浦本店でしか飲めませんので、
この機会に是非お立ち寄りくださいませ。


スタッフ一同、ご来店お待ち申し上げております。





posted by エルベ at 17:32| 茨城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ドイツビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行きます。
Posted by アヴェンテュヌス at 2011年06月02日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。