2009年03月11日

ザワークラウト

Sauerkraut 

最近、植物性乳酸菌の話題がネットでも出ているようですが、
ドイツ料理に欠かせないザワークラウトはその代表的存在なのです。

IMG_5291.JPG

 
ザワークラウトとは・・・?皆さんもご存知の通り、その名も「酸っぱいキャベツ」。キャベツに塩を振り発酵させたいわゆる"ドイツの漬物″です。
この発酵が、乳酸菌なのですね!
酸っぱいのが特徴なので、酢を入れると思われている方がいらっしゃるかと思いますが、酢は入っていないんですよ☆
発酵しているので酸味が感じられるわけなんです。
日本の漬物も古漬けになってくると酸味が増しますよね?
・・・そんな感じでしょうか。
  単体?で食べると食べにくい方もいらっしゃるでしょう。でも、お肉料理と一緒に食べると酸味がまろやかになり、お肉の味をより一層引き立ててくれます。ドイツ料理ではやはり、ソーセージやアイスバイン(豚すね肉の塩漬け)の付け合せの定番です。+マスタードをからめたらまた一味違うと思いますよ!


IMG_4197.JPG

↑写真はシンケンクラカワとニュールンベルガ−ソーセージです。
 勿論付け合せはザワークラウト、それにエルベ特製ポテトサラダ。


IMG_5269.JPG
 

↑ポテトサラダもピクルスとヴィネガーを混ぜて酸味をつけています。
上の写真のニュールン(略して)は肉汁がジューシーなので、
一緒に食べるとさっぱりします。そんな役目がありますので、是非
併せてお召し上がりくださいませ。


エルベのザワークラウトは手作りではないのですが、
自然発酵させた白キャベツを水洗いし、漬け汁に白ワインを使用しているので、風味が豊かで贅沢なザワークラウトです。発酵過程では塩を使っているようですが、塩漬けにはしていないそうです。


 
もし、皆さんが缶詰や瓶詰めなどで購入した場合、そのままでも勿論食べられますが、ヨーロッパでは温めて食されるのが一般的だそうですよ。軽く火を通し酸味を飛ばす事でわれわれ日本人好みの食感と味になるそうです。是非、お試しくださいませ。 
posted by エルベ at 18:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。